専用ウォレット開発

イネーザ株式会社では、トークンを発行するプロジェクトを支援するする一つの方法として、専用ウォレットの開発に力を入れています。複数の通貨を入れるウォレットが主流であるという常識を覆し、そのトークンだけのカスタマイズされたウォレットを世に生み出していきます。

 
 

 
meeting.png

仮想通貨プロジェクトの抱える課題

プロジェクトが抱える大きな課題の一つに『コミュニティ構築』があります。仮想通貨の数は2018年現在において、数百万を越えるとも言われおり、通貨に流動性を持たせるという点でも、コミュニティ構築が鍵になってきます。

しかしコミュニティ構築は以下の理由から難しいのが現状です。

  • 仮想通貨は一般層に浸透しにくい。
  • 仮想通貨 入手のハードルが高い。
  • 仮想通貨  体験を作り出せない
  • 仮想通貨を投資としてみている。

要するに、一般層の参入に課題があり、ファンの絶対数を拡大することが求められてきます。

 


専用ウォレットとは?

専用ウォレットとは、いわば『自分たちのトークンだけのウォレット』です。専用ウォレットの構想を発表し注目を集めたオタクコインでは、Otaku-coin専用ウォレットを『仮想通貨へのハードルを一気に下げ、誰でも気軽に触れることを可能にするウォレット』と定義しています。

専用ウォレットの強みはユーザー層、トークンの性質などを考慮し、カスタマイズしたウォレットを作れることにあり、コミュニティの活性化を助けます。オタクコインのような、仮想通貨と接点のあまりない一般層を狙う場合は、AirdropやBountyの機能を加え、仮想通貨入手のハードルを下げ、トークン体験を促すことができます。

追加機能の幅は無限大であり、お知らせ機能を加えたり、トークンを使い決済することができるMarketplace、Airdrop/Bounty機能、フォーラム機能、Decentralized Exchange機能などを実装することが可能で、トークンの持つ可能性を最大限にすることが可能です。

 

1_oMO-NwQ3W2GUd2ZhD1oNug.png

content_screen.png

専用ウォレット開発

iNeezaは、オタクコイン準備委員会からオタクコイン専用ウォレットの開発を任されており、専用ウォレット開発の経験と実績があります。また、その他プロジェクトでもERC20に準拠したEthereumのトークン設計、開発、テスト、運用などを任されており、プロジェクトに深い形で関わっていくことが可能です。

プロジェクトと共に密に関わりトークン・エコノミーの形成を目指していきたいと考えています。開発費として日本円だけでなく発行するトークンでの支払いも受付けています。

もし、専用ウォレットの開発や、その他技術的アドバイスに興味がありましたら下のコンタクトフォーム、もしくはサポート(info@ineeza.com)まで直接問い合わせください。