EconoMe Cloud Wallet

我々iNeezaはトークンの可能性を最大限にすることで、過去にはなし得なかった新たな経済の形成を目指しており、そのためにブロックチェーン業界における新たなエコシステムの構築を使命としています。EconoMe Cloud Walletという新たなウォレットは、トークンが子供から主婦にまで使われる未来を創り上げます。

EconoMe Cloud Walletによって企業は簡単に仮想通貨をサービスに導入することができ、ユーザーも簡単にウォレットを扱うことができます。

 
 

 
budget.png

①ウォレット開発におけるコストを削減

仮想通貨プロジェクトにおける共通の課題の一つに、リリースの遅延があります。今現在、多くのプロジェクトがブロックチェーンの仕組みを組み込んだサービスを開発していますが、実際にスケジュール通りにプロダクトをリリースすることができるプロジェクトは一握りです。

その理由の一つとしては、仮想通貨とサービスの接合部分であるウォレット開発での苦戦が挙げられます。エンジニア不足やブロックチェーンに対する理解の不足、Ethereumなどで見られる技術仕様の変更に対するキャッチアップの難しさなどの様々な問題が渦巻いています。

我々はEconoMe Cloud Walletを提供することで、ウォレット開発におけるコストを圧倒的に下げ、プロジェクト側に『サービス本体の開発に集中することができる環境』を提供します。

 


②セキュリティの担保を約束

セキュリティの担保は仮想通貨プロジェクトにおいて非常に重要な項目です。しかし同時に専門性の必要な領域でもあり、非常に慎重なアプローチを取ること必要性があります。

我々iNeezaは、仮想通貨セキュリティにおけるエキスパートを用意し、議論を重ね、理論的に最大限のセキュリティを誇るウォレットを創り上げました。

これにより、ユーザー側もプロジェクト側も安心して、サービスを利用することが可能になります。

 

networking.png

content_screen.png

③一般層でも簡単に扱えるウォレット

未だに仮想通貨は投資としての側面が強く、サービス内での利用(決済)などと言う本来の使われ方をしていません。サービス内での決済や日常的に仮想通貨が飛び交う時代を創り上げるには、技術的な理解のない一般層でも使うことができるシステムを開発する必要があり、我々は誰でも簡単に扱うことができるウォレットシステムを創り上げます。

言わば我々が作っているのは、ブロックチェーン業界の発展に結びつくエコシステムであり、このエコシステムはトークン決済やDAppsがさらに普及する未来を創り上げます。